フリーターがお金を借りる方法と審査のコツ

フリーターがお金を借りる方法は、消費者金融や銀行のカードローンに申し込む方法があります。いずれも、フリーターであっても定期収入がきちんとあれば申し込んで審査を受けることができます。ただし、フリーター属性はあまり高属性とは言えませんので、審査には不利ではあります。そのため、フリーターがお金を借りるためにすることといえば、なるべく審査の緩いところを探して申し込むことです。
お金を借りる際には、きちんとしたデータを申告する必要がありますが、嘘はすぐばれてしまいます。アルバイトなのに正社員として申し込んでも在籍確認でばれてしまいます。また、実際以上の収入を申告しても、アルバイトが普通に得られる収入を超えていれば怪しまれて厳密に確認をされてしまいます。つまり、お金を借りるうえで小手先のテクニックは通用しません。そこで、フリーターがお金を借りるために審査を受けるうえで採り得るコツは、そもそも審査が緩めのところを見つけることになります。
どこが審査が緩いかは、口コミや掲示板の書き込みを参考にしましょう。自分と同じ属性の人の申込結果が書かれていて、それで審査に通ったとなっていれば、フリーターでもお金を借りることができる可能性は高くなります。ただし、審査はその他にも個別の事情を斟酌するわけなので、必ずしもそれが自分にも当てはまるわけではない点には注意しましょう。そうであっても、少なくとも何も考えずに選ぶよりは可能性は高くなります。